三陸産活アワビ

¥ 7,020 税込

加算ポイント:65pt

商品コード:

数量

潮吹きアワビ


気仙沼階上の国立公園である観光名所 岩井崎には、打ち寄せる波が岩の間から噴き出す『潮吹き岩』があります。

潮吹きアワビの稚貝は主にこの周辺で荒波にもまれながら出た種が外洋全体に行きわたり3~5年かけて成長することにより、三陸産天然の蝦夷アワビの中でも特に身が引き締まり歯応えのある、旨味が凝縮した美味しいアワビに成長します。

当地方では、栄養価がとても高いので、妊娠した女性にアワビを食べさせろ、と昔から言われています。
また、東北地方ではお正月を迎えるにあたり欠かせない食材となっています。

アワビは11月~1月までの3ヶ月間、月に2~3回しか収穫できません。
アワビは漁師が水揚げする魚介類の中でも高価なものなので、漁師にとってアワビの水揚げは貴重な収入源になっており、漁ができる日はみんなこぞって船を出します。
いつもは仲間の漁師も、開港の時間だけはみんなライバルです。

しかし近年、磯焼け(海底の海藻が徐々になくなる現象)が原因で、三陸一帯のアワビが生育不良と減少の為、収穫量が年々減少しています。
各漁協の青年部に所属する漁師たちは、磯焼け・磯根資源の回復を図るために昆布やアラメといった海藻の養殖をし、タネを放出させ、海藻を増やす取り組みも行っています。

ゆっくりと時間をかけ育った蝦夷アワビは、コリコリとした歯応えが特徴です。
また、海藻などに含まれるグルタミン酸という旨味成分が豊富に含まれている海藻をエサにする為、味わいが大変豊かです。

収獲したものを発送ギリギリまでいけすで活かし、鮮度を保って生きた状態でお届けします。

お刺身やバター焼きなどが一般的ですが、アワビの炊き込みご飯やアヒージョの具材にも最適です。

鮮度が良いので刺身はコリコリの食感を醤油・わさび・肝醤油で。

加熱調理をすることによってフワフワに柔らかくなります。





内容量:4個(約500g)

賞味期限:到着後2日

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆